2008年12月 3日 (水)

あっという間に一ヶ月 

早いもので、退院してから1ヶ月がたった。
無事一ヶ月検診も終え(双子は順調に育っていた!)、
毎日、授乳と寝かしつけに追われる日々。
手伝いに来てくれている母も来週には実家に帰る予定だ。

さて、2006年10月から始めたこのブログは、
不妊治療を進めるにあたり、
記録的な意味合いと、気持ちを吐露したり整理したり
するために書き始めたものだ。

不妊治療という、先が分からない、ちょっとデリケートな内容を
書くにあたり、友人・知人にはこのブログを書いていることは
話さなかった。

ところが、会ったことのないたくさんの人が、
励ましや共感のコメントを寄せてくれた。

近くに治療をしている友人などがいなかったため、
コメントの言葉のひとつひとつに本当に元気付けられたし、
状況や気持ちを分かってくれてる人がいるということは、
安心感や支えにもなった。

ブログを読んでくださったみなさん、
そしてコメントを寄せてくださったみなさん、
本当にありがとうございました。
おかげさまで、双子を妊娠、無事出産し、
現在、育児に奮闘中です。
「顕微受精から、双子妊娠の日々」は
これにて終了したいと思います。
治療を考えている方、治療中の方、妊娠中の方など、
みなさんに幸せな時間が訪れますように。

本当にありがとうございました。


| | コメント (0)

2008年11月 9日 (日)

本日退院!

退院診察、無事終了。

半袖の服を来て入院したのに、
今、街はクリスマスの飾りつけが始まり、コートを羽織る
季節になっているらしい。

ということで、約2ヵ月の入院生活が終了。
ようやく退院だ!
今日から、親子4人の生活がスタートする。

2ヵ月間、こんなにお世話になった病院スタッフの方々と
明日から会わなくなるのが変な気分
(先生とは検診で会うけれど、看護師さんや助産師さんとは、もう会えないし)。
1ヵ月検診の時に、病棟にも挨拶に来たい気分。
でも、たくさんの患者さんがいるんだし迷惑かしら…。

それはさておき、初心者マークの親子4人、
どんな毎日が待っているのか楽しみ♪

| | コメント (1)

2008年11月 8日 (土)

術後9日目

やっと、まともなお通じがあった。
鼻もちゃんとかめないほど腹筋が衰えてしまったので、
これからも悩まされそうだな。
とりあえず、水分だけはたくさん摂るように気をつけよう。

腰や背中が痛いので、まだ傷は痛いのだけれど、
抜鈎も終わったことだし、出産前にずっとつけていた
トコちゃんベルトをつけてみる。
歩きやすい! 体が軽く感じる!
傷の部分も、お腹のたるみが傷を圧迫しにくいので、
ラクな気がするし。
まさに「トコトコちゃんと歩ける」を実感。
私にとっては、産前・産後の必需品だなあ。

| | コメント (0)

術後8日目

抜鈎をしてもらう。
抜鈎とは傷をふさぐために使われていたホッチキスのようなものをとる処置のこと。
(ちなみに、抜く前の状態を見たとき
「フランケンシュタインみたいだな」と思った)。

一本一本、先生がつまんで外す。
皮膚に引っかかる感じはあるもののあまり痛みは感じない。
これで帝王切開の術後処置はほぼ完了。


調乳指導を受ける。

なるべく母乳で育てたいけれど、二人分必要なので、
ミルクのお世話になることも多いんだろうな。
赤ちゃんは、約半年、母乳やミルクだけでスクスク育つ。
なんか、すごいなあと思う。

今日は助産師さんにお願いして、二人同時授乳に挑戦。
(二つのお乳に二つの頭。笑)

ベッドに横向きに座り、
布団を丸めて筒状にしたものを体の両脇に並べる。
それぞれの上に授乳クッションを乗せ、腰の辺りで
授乳クッションがグルッと体を囲うように固定する。
両腕以外は身動きがとれない。
これが基本の設定。

この授乳クッションの上に、ラグビーボールを抱えるように
両脇に赤ん坊を乗せてお乳を飲ませる。

お乳の位置に頭が来るように、布団やクッションの間に
何枚もタオルをかませする必要があり、また、赤ん坊がじっとしているわけがないので、
一人でこの姿勢を維持するねは至難の技かも!?

でも、なるべく時間差なく二人の授乳をしたいんだよなあ。
バラバラに泣かれると(空腹になると)、授乳だけで一日が
終わってしまうだろうし。

双子用の授乳クッションなるものがあるらしことを
助産師さんからも聞いたので、退院したら調べてみなくっちゃ。

| | コメント (0)

2008年11月 7日 (金)

病院での授乳

病院で自分の赤ちゃんと触れ合える唯一の時間。

退院して家に帰れば、四六時中一緒なのだけれど、
ここでは授乳の時間が待ち遠しい。

病院での授乳は「お乳を飲ませる」より、

「寝る子を起こしてる」時間のほうが多いんじゃない?
と思うほど。

お腹が空いてからお乳をあげるのではなく、
決まった時間に授乳していることもあって、
初めから寝てることもあるし、
お乳を吸い始めたとたんスヤスヤモードに入ってしまう。
鼻や唇をつついたり、足の裏ををくすぐったり。
常に刺激を与えて眠らないようにしながらお乳をあげる。

泣いてから授乳するようになれば、
少しは飲むことに集中してくれるのかな。

| | コメント (0)

2008年11月 6日 (木)

術後7日目

出産前の入院期間中から、大腸を赤ちゃんに圧迫されるし、
いきめないしで、お通じは薬に頼っていた。
そのため術後は腹筋がダルダル。傷も痛くて全くいきめず、
ひどい便秘に悩まされる。

ガスは出るし、腸は動いている様子。
でもお腹にガスがパンパンにたまっていて、
お腹のたるみとあいまって、大袈裟ではなく妊娠7ヵ月
くらいの妊婦さんみたいだ。
先生も「ひとり入ってるみたいだね」と笑ってるし…。

念のためレントゲンを撮ることに。
結果、確かにガスはたまっているけれど、
心配するほどではないとのこと。
座薬やとん服などの下剤で様子を見る。

沐浴指導で、自分の子供(兄)を初めてお風呂に入れる。
お風呂好きなのか、たまたまか、気持ちよさそうに沐浴。
ずっと頭を支えるのはけっこう大変で、腰にくる。
これは力仕事だわ。うちは夫にやってもらおうと、
朝の沐浴を検討中(夜は帰宅時間がまちまちなため)。

今日の夕飯は祝い膳。
四つに分かれてる御膳に会席っぽくおかずが入っている。
内容は、野菜とチーズの生ハム巻き、
海老の煮物とシメ鮭のかまぼこ巻きに海草の酢の物沿え、
キスのウニ味噌焼き、
鶏と茄子とオクラの煮物、
それに、お赤飯、お吸い物が付き、
デザートはバニラのムース フルーツ沿え

| | コメント (0)

術後6日目

授乳室での授乳は3時間ごと。
7時、9時、13時、16時、20時、22時。
1時と4時は、自分のお乳の張り具合と体力と相談して、
自由参加。
授乳と食事とシャワーだけでけっこう忙しい。
家に帰ったらどうなることやら。

なんとなく自分がお乳くさい。でも悪くない感じ♪

退院指導を受ける(産後の心と体の変化、食事や授乳、
赤ちゃんの体、検診など、退院後の生活についての指導)。

| | コメント (0)

術後5日目

食事は今日から退院まで、
「産後食」と呼ばれるリッチなメニュー。
夕飯はステーキだった!
(母乳のためにはどうかとも思うけれど、短期間だし、
今まで我慢したんだし、ちょっとご褒美って感じなのかな)

シャワー解禁!(6日ぶり)気持ち良かった~。
お湯や石鹸が傷にしみるかと思いきや、全く平気だった。

授乳室デビュー!(他の人より二日遅れ)。
初めてのオムツ換えも経験。
まだ授乳に慣れていないので、
体の変なところに力が入ってるらしく、すごく疲れる。
でも、赤ちゃんが可愛いくて見飽きないので最中は楽しい!

久し振りに、横向きに寝られた(傷が痛くて仰向けしか
できなかったため)。
これで体の凝りや、尾てい骨痛、少しは軽減するかな。


| | コメント (0)

2008年11月 5日 (水)

術後4日目

食事は全粥。おかずは普通食。
朝食は普通に食パン、サラダ、牛乳だった!
昨日までは点滴棒を支えにして(点滴はしてないのに)
歩いていたけれど、今日は使わずに歩く。
自販機でジュースを買うことができた。

今日も部屋で授乳。
まだ私も赤ちゃんも下手で、たくさん飲ませられないので、
授乳後に私のお乳を搾乳して、
次の授乳時間のときに看護師さんに使ってもらった。

| | コメント (0)

術後3日目

食事は5分粥と具あり味噌汁、カボチャのクリーム煮など。
輪郭のある食べもの登場!

ようやくトイレまで歩くことができたので、
足のマッサージと尿管を外してもらう。
外れたのは嬉しいけれどトイレが憂鬱。
痛くても自力でトイレに行かなくちゃ。

お乳がパンパンに腫れてきた。
でも、これくらいなら心配ないと看護師さん。

病室にて初めての授乳! 
吸われると痛いけれど、吸ってくれるのが嬉しい♪
夜中にトイレで起きたら、胸の辺りが冷たい。
お乳でパジャマがぬれていたのだ。
すごいなぁ。いろんなことが体

| | コメント (0)

«術後2日目